2019年12月31日火曜日

『EL CINNAMONS』第4号 発売のお知らせ

Illustration by MENTIKATSU ITO

“THE BEST MAGAZINE FOR SWINGERS”、四度。
あの3人組が蛇を追いかけ帰ってきた!
そう、やつらの名は……EL CINNAMONS!!

ラテン街の売店に陳列されているような質感の、ZINEというより「雑誌」という響きがよく似合う、紅葉巡りや温泉地でのフォールリーディングにぴったりな一冊ができあがりました

2019年11月25日(月)から順次発売開始

【取り扱い店舗1月23日現在(随時更新)
bookunion新宿店
・銀座 蔦屋書店
・本屋B&B(下北沢)
JETSET(下北沢)
・LOS APSON?(高円寺)
・SUNNYBOY BOOKS(学芸大学)
・古書コンコ堂(阿佐ヶ谷)
・バサラブックス(吉祥寺)
・Piquant(綱島)
・スージーウォン(元町中華街)
PEOPLE BOOKSTORE(つくば
・SLICK(愛知)
JETSET(京都
・1003(神戸)
・2NICHYOUME PARADAISE(伊勢) 
・本と自由(広島)
READAN DEAT(広島)
・パライソレコード(オンライン)

【DATE】
『EL CINNAMONS』Vol.4 -FALL ISSUE'68-
発行日:2019年11月30日
発行:OFFICE Flaneur
編集・発行人:EL CINNAMONS
デザイン:MARIANNE MAFILLE、奥山太貴
仕様:48ページ/A5/表紙4C+本文1C
価格:1000円(税込)

【CONTENTS】
01-   FEEL THE CINNAMON AGAIN,AGAIN,AGAIN tact sato
02-05 得体の知れない音 チャーリー宮毛
06-15 RUMINZインタビュー A TALE OF TWO CITIES
16-17 漫筆・ラテン・シングス 安田謙一
18-19 スウィート(オンライン)メモリーズ dtybywl
20-21 LOS APSON?の10枚 山辺圭司
22-23 VIDEOTAPEMUSICの10本 VIDEOTAPEMUSIC
24-25 SHOULD I TAKE YOU HOME RUMINZ
26-28 トランスパシフィック -J-TOWNでのある一日- 宮田信
29-   WALK IN THE CITY 田中元樹
30-32 夢とうつつ -サンアントニオ産グルーヴ往来記- COUNT.D
33-43 CINNAMON BLVD. -For Column Lovers Only-
▶バリオのゲットーバラザーズ EL BARRIO DISCO CARTEL移民とレコード ヒデモリモト雑・エンターテインメント トニー李新橋のグラインドハウス 牛島俊雄SHINBASHI NO GRINDHOUSE 牛島章雄水辺の文化を綴る モリナヲ弥MELODIES EN SOUS-SOL MARIANNE MAFILLE本に連れられて 文庫善哉中華街の音 河内卓巻き戻せない 出田祥蔵続・古代中国料理店の謎に迫る SUSHIRAW宇宙船ヤムサイ号 intellipunkTHIS IS A VIEW FROM AVIEW 中村友貴
44-45 レイジーリバー ワダマコト
46-47 マンボ的士 メンチカツ伊藤
48-   CINNAMON LIFE GOES ON lilnoway


 本誌はやはりこの男から始まらなければいけません。ハマのブガル歌手・チャーリー宮毛の音楽人生を回想したエッセイ、「得体の知れない音」。

 ブラックミュージックをモチーフにレコードジャケット、Tシャツのアートワーク、挿絵、フライヤーなど、主に音楽界隈で活躍中のイラストレーター、RUMINZ。そんな彼女の魅力に迫るべく横浜と広島の地で収録されたロングインタビュー、「A TALE OF TWO CITIES」。

 エッセイは5本。“ロック漫筆家”の安田謙一がラテンにまつわるヒト・コト・モノを連想形式で綴った「漫筆・ラテン・シングス」。MUSIC CAMP.主宰の宮田信がイーストLAでの歴史的オーガナイズイベントを振り返った「トランスパシフィック -J-TOWNでの一日-」。日本随一のスワンプポップデュオのヴォーカリスト、COUNT.Dによる奇譚「夢とうつつ -サンアントニオ産グルーヴ往来記-」。オンライン愛好家のdtybywlによるオンライン三部作の第二弾「スウィート(オンライン)メモリーズ」。そしてカセットコンロスのフロントマン、ワダマコトが川をテーマに記憶を紐解いた「レイジーリバー」。

 続いて、“シナモンフィーリング”から連想するレコード/映画を選んでもらうシナモンセレクションシリーズ。第3回は、高円寺のレコードショップ・LOS APSONを営む山辺圭司による「LOS APSONの10枚」。そしてミュージシャン/映像作家のVIDEOTAPEMUSICによる「VIDEOTAPEMUSICの10本」。

 漫画、イラスト、アートワークも充実しております。まずはRUMINZによるサイレントな詩情漂う漫画「SHOULD I TAKE YOU HOME」。THE HOME MADE RADIO CLUBを主宰するイラストレーター・tact satoによる異世界への扉「FEEL THE CINNAMON AGAIN,AGAIN,AGAIN」。映画ZINE『だれかの映画史』の発行人である牛島兄弟の弟・牛島章雄による「SHINBASHI NO GRINDHOUSE」。そして謎に包まれた男・lilnowayによるNYストリートシットなコラージュ「CINNAMON LIFE GOES ON」。

 さらにコラムページ「CINNAMON BLVD.」では、街・旅・レコード、本、食など種々雑多なテーマのもと、編集者。デザイナー、広告ディレクター、DJ、会社員、レコード屋店主、パン職人、カフェ店長など12名の書き手が競演します。

 そして最後は、本誌同人・メンチカツ伊藤による三文小説「マンボ的士」 。


2019年11月15日金曜日

EL CINNAMONS Vol.4 表紙&参加者

Illustration by MENTIKATSU ITO

<参加者>
RUMINZ、安田謙一、宮田信、VIDEOTAPEMUSIC、山辺圭司、ワダマコト、COUNT DDTYBYWLtact satoEL BARRIO DISCO CARTEL、ヒデモリモト、牛島俊雄、牛島章雄、モリナオ哉、MARIANNE MAFILLE、文庫善哉、河内卓、出田祥蔵、SUSHIRAWintellipunk、中村友貴、lilnoway、椰子生子、チャーリー宮毛、トニー李、メンチカツ伊藤

2019年11月11日月曜日

EL CINNAMONS ARE……

EL CINNAMONS ARE......

CHARLEE MIYAKE
TONY LEE

AND

MENTIKATSU ITO


Artwork by OKI MASHU



Artwork by lilnoway 

【PROFILE】

ハマのブーガルー歌手、チャーリー宮毛命名によるトリオ。“シナモンフィーリング(CINNAMON FEELIN')”の普及と追求がモットー。主に居酒屋で膨らんだ妄想を年に一度、夏真っ盛りの時期に放出する......はずが、もう秋になっちゃった、アロハも着れなくなっちゃった。でも、それでイイジャン♪(ハマ弁丸出し)

2017年12月31日日曜日

『EL CINNAMONS』第3号 発売のお知らせ


Illustration by MENTIKATSU ITO

“THE BEST MAGAZINE FOR SWINGERS”、三度。
あの三人組が今度はキューを握って帰ってきた!
そう、やつらの名は...EL CINNAMONS!!

***

DATE
誌名『EL CINNAMONS』VOL.3 -FALL ISSUE'68-
発行日2016年11月21日
発行OFFICE Flaneur
編集・発行人EL CINNAMONS
デザインMARIANNE MAFILLE(装丁)、メンチカツ伊藤(表紙アートワーク)
頁数/サイズ/カラー52頁/A5/表紙4C+本文1C
値段1000円(税込)

【CONTENTS】
01-  FEEL THE CINNAMON,AGAIN,AGAIN Ruminz
02-05 東京彷徨 -八広・青山・銀座界隈- チャーリー宮毛
06-17 VIDEOTAPEMUSICインタビュー 八月のVIDEOTAPEMUSIC
18-19 バリオの夢 宮田信
20-21 Piquantの10枚 ワダマコト
22-23 北と南の10冊 河内卓
24-25 ロング・ホット・サマー 梶本聡
26-27 CONEY ISLAND PAINTING tact sato
28-30 弔いオンライン dtybywl
31-41 CINNAMON BLVD. -For Column Lovers Only-
           Sci-Fi/Fung Seoi -我的香港世界- 石川紀市/Walkin!NYC 水谷光孝
           OL GOES TO TAIPEI AS/真昼に見た夢 -京都・岡崎篇- dj colaboy
           神戸のィ夜 井上智彰/「海」がテーマです 北と南とヒロイヨミ
           マグネティックヨコスカ ヒューヒューボーイ/江ノ島サーフ天国 トニー李
           古代中国料理屋の謎に迫る SUSHIRAW/パキスタンカレーを日吉で  田中元樹
           「食」をめぐる冒険 中村友貴/ILLUSTRATION FOR EL CINNAMONS lilnoway
42-45 TRIPLE JOY Only Yun Yun
46-49 ぼくの好きなおばちゃん やけのはら
50-51 マンボ No.8 メンチカツ伊藤
52-  CINNAMON LIFE GOES ON lilnoway

***

横浜、横須賀、江ノ島、東京、白楽、綱島、日吉、元住、銀座、青山、学大、奥沢、八広、立川、福生、つくば、静岡、京都、神戸、広島、香港、台湾、NY、LA。ホテルにビリヤード場、遊園地にスタジアム、米軍ハウスにダイナーレコードショップに古本屋、中華にカレーにおでん居酒屋、並木街路にリバサイド、はてはサイバースペースの墓場まで。

過去と未来と現在をつなぐ“気の遠くなるような心地よさ”。いろんな場所の、いろんな香りの、“シナモン感覚”が詰まった決定版!

ラテン街の売店に陳列されているような質感の、ZINEというよりも雑誌という響きがよく似合う、紅葉めぐりや温泉地でのフォールリーディングにぴったりな一冊ができあがりました!

2016年11月21日より順次発売予定。


***

本誌はやはりこの男から始まります。チャーリー宮毛による回想エッセイ三部作、締めを飾る今回は、思い出の東京の街を綴った「東京彷徨 -八広、青山、銀座界隈-」

音楽活動にとどまらず映像ディレクターとしても注目を集めるVIDEOTAPEMUSIC。そんな彼の縁の地である立川の街を散歩しながら収録された12ページに及ぶロングインタビュー「八月のVIDEOTAPEMUSIC」

エッセイは4本。バリオ・ゴールド・レコーズ主宰の宮田信がインターFMでのラジオ番組「スエニョ・デル・バリオ」を振り返った「バリオの夢」。音楽ライターの梶本聡がこの夏に戯れた音盤をシナモンな連想で綴る「ロングホットサマー」。インターネット愛好家、dtybywlによるインターネット空間と死のお話「弔いオンライン」。そしてDJ/ラッパー、さらに文筆業でも活躍するやけのはらが、かつて通ったあるレコード屋について書いた「ぼくの好きなおばちゃん」

続いて、“シナモンフィーリング”から連想するレコード/本を選んでもらうシナモン・セレクション シリーズ。第2回は、カセットコンロスのフロントマンで雑貨と音楽の店、Piquantを営むワダマコトによる「Piquantの10枚」。そしてリトルマガジン『北と南』の編集発行人である河内卓による「北と南の10冊」

今号はイラスト、アートワークも充実しております。まずはTHE HOME MADE RADIO CLUBを主宰するイラストレーター、tact satoによる圧巻の見開きイラスト「CONEY ISLAND PAINTING」。アクセサリー作家として活躍するOnly Yun Yunによる静謐で不思議なアートワーク世界「TRIPLE JOY」。広島を拠点に活動するイラストレーター、Ruminzがチカーノ女性を土埃もろとも描いた「FEEL THE CINNAMON AGAIN,AGAIN」。そして謎に包まれた男、lilnowayによるナスティでスティンキーなコラージュ「CINNAMON LIFE GOES ON」。

さらに今号は「CINNAMON BLVD.」なるコラムページを設け、街・旅・本・食・音楽など種々雑多なテーマのもと、編集者、広告ディレクター、研究者、DJ、司会者、書店員、おでん屋店主、会社員など12名の書き手が競演いたします

そして最後は本誌同人・メンチカツ伊藤によるビリヤード譚「マンボ No.8」


***

取り扱い店舗はこちら
通販申し込みはこちら ※追ってお伝えします
新規取り扱い希望はこちら




2017年1月10日火曜日

OFFICE Flaneurの日常

新年あけましておめでとうございます! 

トニー、トニー、トニー! トニー李でございます。

昨年は『EL CINNAMONS』という雑誌を2冊つくることができ、その制作過程で新たな出会いに恵まれました。

年始は実家で過去の名編集者たちが編集した雑誌群を読み耽り、すっかり“磁力”チャージも完了。2016年からのよい流れを感じ続けながら、日々街で生まれるアイデアに形を与えられればと思っております。

そんなわけで、昨年に引き続き今年もOFFICE Flaneurの日常をほんのちょっぴりご紹介。2017年もどうぞよろしくお願い致します!





















2016年11月17日木曜日

EL CINNAMONS Vol.3 SHOP LIST

SHOP LIST

Artwork by lilnoway

■東京
JETSET下北沢店 (下北沢)
B&B (下北沢)
LOS APSON (高円寺)
Title (荻窪)
バサラブックス (吉祥寺)
サニーボーイブックス (学芸大学)
古書ほうろう 千駄木
Violet And Claire (渋谷)

横浜
Piquant (綱島)
・ゴクラクレコードストア (白楽)
SUZIE WONG (元町中華街)

つくば

京都
JETSET京都店 (河原町)※1、2号在庫あり
誠光社 (神宮丸太町)
恵文社一乗寺店 (一乗寺)

三重
2NICHYOUME PARADAISE (伊勢)

オンライン
JETSET

2016年4月26日現在
随時更新してゆきます